エージェントをフリーランスが利用するメリットとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

フリーランスのためのエージェントというのは、個人の要望やスキルに合った仕事を紹介してくれ、契約の面倒な処理などを代わりに行ってくれるところです。
多くのエージェントは、対象がデザイナーやエンジニアですが、ライターやディレクターなどが対象の場合もあります。
ここでは、エージェントをフリーランスが利用するメリットとは? についてご紹介しましょう。

いろいろな仕事が選べる

個人の場合は、仕事として営業で取れるものには限りがあり、営業するために多くの労力や時間を掛けるのはもったいないでしょう。
最近は、仕事を受注するための方法として、クラウドソーシングなどを利用するものも多くなっています。
しかし、傾向的に単価が安くなるのがデメリットになるでしょう。
また、クラウドソーシングで受注できるような仕事の場合は、ほとんどは単発のもので、報酬が一つの仕事について支払われるようなスタイルになります。
しかし、エージェントを利用した場合の仕事は、短期契約をその業者と結んで、この期間中にいろいろな業務や案件に携われます。
そのため、仕事がフリーランスの場合は安定しないと言われていますが、安定した仕事がフリーランスでも見つかります。
エージェントを利用すると、このようになかなか個人では受注できないような高い単価の仕事などが請けられるようになります。
例えば、クラウドテックというフリーランスのためのクラウドワークスが運営しているキャリアサービスの場合は、フリーデザイナーやITエンジニアのために案件を約500件常時紹介しています。
このような案件のほとんどは、一般の人には公開されていない非公開のもので、エージェントを利用しないと内容を見ることはできません。
このように、優れた高い本気度のフリーランスだけに、いい条件の案件を紹介してくれるようなシステムになっています。
同じようなシステムを採用しているエージェントは多くあり、強い取引会社や業界がそれぞれ違っています。
初めのうちはいくつかのエージェントを利用して仕事をいろいろ経験して、この中から自分に適したエージェントに絞り込むのがいいでしょう。

サポートをしてくれる

エージェントを利用すると、カウンセラーが要望やスキルに合った案件を見つけて紹介してくれたり、フォロワーが契約した後に相談にのってくれたり、状況を確認してくれたりするなど、全面的にフリーランスをサポートしてくれます。
エージェントの中には、専属のサポーターが一貫してカウンセリングしてからフォローするまで行ってくれるところもあります。
そのため、エージェントを利用すると、安心感があるだけでなく、キャリアプランを将来的な見通しも含めて相談することができるため、有益になるでしょう。

利益額が大きい

案件によって単価は違っていますが、一般的に、会社とフリーランスの間にエージェントが入るという契約になるので、業者が間に入らないため、報酬が高くなる傾向があります。
例えば、クラウドテックの場合についてご紹介しましょう。
クラウドテックの月額単価と最低稼働日数の事例としては、

  • サーバサイドのソーシャルゲームの開発の仕事の場合は100万円・週5日
  • B2B2Cの飲食店向けのサービスの立ち上げの仕事の場合は100万円・週3日
  • ウェブデザインから上流工程までの仕事の場合は90万円・週5日
  • 新しいゲームアプリを開発する仕事の場合は80万円・週3日
  • ウェブサイトのコーディング、デザインの仕事の場合は50万円・週5日

などというようになっています。
一方、クラウドソーシングで受注できる案件の場合は、ほとんどが固定報酬制になっています。
時間単価制の仕事もありますが、時間単価としては、システム開発の場合は3000円くらい、スマホのアプリ開発の場合は2000円くらい、ウェブデザインの場合は1500円くらいになっています。
エージェントもクラウドソーシングも、いずれも利用するそれぞれのメリットがありますが、儲けのみではエージェントの方がおすすめでしょう。

仕事が安定的に見込める

フリーランスは組織に属していないため、毎月の報酬が安定して獲得できる保障がなく、間違いなく立場としては不安定なものでしょう。
例えば、次の営業を案件の一つが終わってからかけるというようなことでは、仕事が無い期間が案件の間にできます。
しかし、エージェントを利用すると、次の仕事を案件が終わるタイミングを見込んで紹介してくれるので仕事が継続的にできます。

福利厚生がある

フリーランスの場合は、一般的に、福利厚生がありません。
しかし、エージェントを利用すると、サービスを正社員のように受けられる場合もあります。
例えば、スポーツクラブやホテルの優待券など以外に、健診費の割引や人間ドッグの優待、会計ソフトの優待利用など、フリーランスのための福利厚生がいろいろあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*